湿布ダイエットをより効果的にするには

湿布ダイエットをより効果的にするには

簡単に、しかも続けられると最近人気の湿布ダイエット。

 

しかしながら、その効果はすぐに出るものではなく、、
長期間続けることで徐々に分かってくるものです。

 

でも、ダイエットをするからには
すぐに痩せたいと思う人がほとんどではないでしょうか?

 

さて、湿布ダイエットをより効果的にするには、
どういった工夫をすれば良いのか。

 

足裏湿布ダイエットの場合は、
使用する湿布は冷湿布、温湿布のどっちを使っても問題ありません。

 

ただし、冷え性の場合は冷湿布を使うと足先の血行が悪くなってしまって、
余計にむくむ場合がありますので注意が必要です。

 

冷え性の場合は温湿布を使用してください。

 

また、貼る前に足の裏を揉んであげると
さらに効果を発揮します。

 

冷湿布ダイエットの場合、
湿布を貼る場所に気を付けてください。

 

効果的なのは肩甲骨や腰、首になりますが、
肩を冷やし過ぎてしまうと、肩こりの原因になってしまいます。

 

肩甲骨より上、そして肩より前には貼らないようにしましょう。

 

また、冷湿布の場合冷やすことが目的になりますので、
冷却効果が切れたと感じたら、すぐにでも換えましょう。

 

冷湿布ダイエットは、体の冷えを交感神経で伝えるメカニズムです。

 

そのため、交換神経より副交感神経の働きが活発な眠っている間は、
あまり効果を期待できないことを知っておきましょう。

 

この場合は、日中肩甲骨や腰に冷湿布を貼って、
お風呂上がりには足裏に湿布を貼るようにすれば、
どちらの効果も得られるでしょう。

 

そうはいっても湿布ダイエットは、即効性のあるダイエットではありません。
徐々に効果を感じてくるものです。

 

どんなダイエットでもそうですが、規則正しい生活があってのダイエット
ということを忘れないようにしましょう。